• ホーム
  • 妊娠中でも気になる腹回りに肥満治療

妊娠中でも気になる腹回りに肥満治療

みなさんは、妊娠中に腹回りが気になった事はありませんか。
妊娠中は、運動もあまり出来ないと思います。
急に体調が悪くなったり、だるいときもあるので体を動かそうとしても大変です。
そんなときは、肥満治療に頼るといいかもしれません。

肥満治療では、患者に合わせた運動メニューを組んでくれます。
体力や運動能力はもちろん、心拍数などの細かいデータを使ってスケジュールを組むので、妊娠中でも安心して運動することが出来ます。
また、妊娠中に体を動かすのは抵抗があるという人もいるかもしれません。
怪我を防ぐためたも運動は控え、健康的な食事で減量するのもいいと思います。
肥満治療では、普段食べているものをチェックし、どのように改善すればいいかアドバイスしてくれます。

腹回りが気になるときには、間食をなるべく控えるか、カロリーの低いものにするといいです。
間食をやめるのは当たり前の事ですが、毎日続けるのはとても大変です。
間食を抜くのに慣れるまでは、豆腐などの栄養価が高く、カロリーが低いものが好ましいです。
いつもの食事の1品を野菜サラダにしたり、バナナを食べたりといろいろ工夫しながらダイエットすると、楽しいので長続きしやすいと思います。

腹回りの肉には、マッサージなども効果があるといわれています。
マッサージなら、毎日続けやすいし、リラックス効果も高まるのでストレス解消に繋がります。
ストレスはダイエットの天敵です。
イライラしていると、つい食べ過ぎてしまったり、女性ホルモンの働きに影響を及ぼしがちなので、自分なりにリラックス出来るような趣味を見つけてみるのもいいと思います。
妊娠中でも行える読書や、音楽をきいたりすることで、ダイエットを楽しく出来るといいです。

関連記事